求人は配慮(筆談対応、手話対応)や障がい内容で探せます。


2013年06月05日

【JR東日本、iPadを利用した遠隔手話通訳サービス】手話の対応が可能な宿

すべての駅、そしてすべてのサービス業に普及すると良いですね〜。


マイナビニュース【2013/06/05】
 ⇒ JR東日本、iPadを利用した遠隔手話通訳サービスを試行導入 から


JR東日本は17日より、iPadのテレビ電話機能を用いた遠隔手話通訳サービスを、山手線内の東京・品川・上野・池袋・新宿・渋谷・秋葉原の各駅インフォメーションセンターや総合案内カウンター、およびJR東京総合病院にて試行導入する。

同サービスでは、各施設の窓口に手話でのコミュニケーションを希望する利用者が訪れると、窓口の案内スタッフがiPadをコールセンターに接続。
利用者はiPadの画面を通じ、コールセンターのオペレーターに手話で質問する。
オペレーターは質問内容を窓口の案内スタッフに音声で通訳し、案内スタッフはそれに口頭で回答。
最後に回答内容をオペレーターが手話で通訳し、iPadの画面を通じて利用者に案内する。
インターネットを通じてコールセンターからリアルタイムに通訳を行うことで、それぞれの窓口に手話通訳者がいない場合でも手話でのコミュニケーションを望む人に対応することが可能になる。

また、手話だけでなく、英語・中国語・韓国語の通訳にも対応するという。
サービス提供時間は、各インフォメーションセンターなどの営業時間のうち、9時から17時まで。
試行導入期間は2014年3月31日までの予定。



posted by スパ17号 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

【手話技能検定】手話の対応が可能な宿

宿の方の手話レベルが分かると利用者の安心感も増すでしょうね〜。

サービスの一環として手話技能検定、宿の方、受けて頂くとイイかも。

・NPO法人手話技能検定協会 http://www.shuwaken.org/

マイナビニュース【2013/05/27】
 ⇒ 手話を使ってコミュニケーションを - 手話技能検定 から


テレビや講演会などで頻繁に目にするようになった手話。
最近では、コミュニケーションツールのひとつとして、手話を学ぶ人が増えています。
でもせっかく勉強するなら、やはり目標やレベルを知りたいですよね。
そんな人におすすめなのが、手話技能検定です。


■手話技能検定とは?
手話技能検定は、NPO法人手話技能検定協会が主宰する検定で、手話を学習している人がどのくらいのレベルにあるのかを知るためのものです。
上位資格になると実技試験もありますが、あくまでも技能レベルを知るもので、手話通訳の検定ではありません。

7級・6級・5級・4級・3級・準2級・2級・準1級・1級の9レベルがあり、7級は在宅での受験、1級と2級は実技試験、その他は筆記試験になります。




posted by スパ17号 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。